メニュー

DHA・EPAサプリにはどんな効果があるの?

血液サラサラにするDHA・EPAの効果とは?



青魚に含まれるDHA・EPAという成分をご存知でしょうか。不飽和脂肪酸の一種であるDHA・EPAは、血液をサラサラにする効果があることから、健康に欠かせない成分として以前から注目を集めています。

しかし、現代は食生活に偏りがある人が多く、満足にDHA・EPAが摂取できない方がほとんどです。

そこでおすすめしたいのがDHA・EPAサプリです。以下では、サプリでDHA・EPAを摂取することのメリットについてお話したいと思います。


サプリでDHA・EPAを摂取するメリット


(1)1日に必要なDHA・EPAを補うことができる!

DHA・EPAを効果的に摂取するにはお刺身で食べるのが一番と言われています。できればこのように食事でDHA・EPAを摂取したいところですが、お刺身はもちろん、煮魚なり焼き魚なり、毎日魚料理を取り入れるのは中々難しいですよね。

サプリであれば、1日に必要な量を手軽に摂取することができますので、魚が苦手な方や、仕事が忙しくて食生活が乱れがちな人の栄養サポートとして大いに役立つでしょう。

(2)毎日継続して補給できる!

サプリは薬ではありませんので、すぐに効果を実感できるものではありません。しかし、DHA・EPAは血管や脳神経に関与する成分ですので、継続して摂取するかしないかで数年後の健康状態は大きく変わってくるでしょう。

サプリは飲みやすい粒状で、持ち運びも便利です。料理をする手間もありませんので、無理なく摂取を続けることができるでしょう。旅行にも気楽に持っていける点も嬉しいですね。

(3)DHA・EPA以外の栄養成分も摂取できる!

DHA・EPAサプリの多くは、DHA・EPA単体ではなく、そのほか健康にうれしい成分も配合されています。

EPA同様に血液サラサラ作用のあるナットウキナーゼ、脳卒中の予防に良いとされるリコピンなど、話題の健康成分が含まれているサプリもあります。1つのサプリで健康維持に欠かせない複数の成分が摂取できるのは、サプリの大きなメリットでしょう。


DHA・EPAサプリはこのようなメリットがあるため、生活習慣病が気になる世代はもちろん、若い世代の方にも人気となっています。

下記では、そんなDHA・EPAサプリで人気の商品をランキング形式で紹介しています。サプリをお探しの方はぜひこちらを参考にしてくださいね。


DHA・EPAサプリのおすすめ人気ランキング

きなり
きなり
きなりは、強力な抗酸化作用を持つ「アスタキサンチン」を含むクリルオイルを採用しているため、酸化しやすいDHA・EPAもフレッシュな状態で体に行き届かせることができます。また、注目の健康成分「ナットウキナーゼ」の力でドロドロ血液の改善をサポートします。厚生労働省の推奨する摂取量の半分である500mgものDHA・EPAを配合していますので、魚を食べる機会が少ない方に特におすすめです。

定期購入価格:1,980円(税込)、通常購入:5,695円(税抜)
商品構成:120粒(約1か月分)
配合成分(1日分):DHA・EPA 500mg/ナットウキナーゼ


ハグラビ
ハグラビ
健康が気になる大人はもちろん、赤ちゃんの成長を願うママにもおすすめしたいDHAサプリです。オメガ3を豊富に含む亜麻仁油とクリルオイルを採用。食事だけでは摂りずらいDHA・EPAがたったの3粒で300mgも摂取できちゃいます。その他、美容成分6種を含んでいるので、家族の美と健康に役立ちます。10日間の返金保障がついているので気軽にトライできますよ。

初回限定価格:980円、通常価格:4,280円(税込)
商品構成:90粒(1か月分)
配合成分(1日分):DHA・EPA 300mg/コラーゲン、アスタキサンチン、ヒアルロン酸、エラスチンなど美容成分6種


大正製薬のDHA・EPAサプリ
大正製薬のDHA・EPAサプリ
大正製薬のサプリの魅力は、何といってもD600mgとトップクラスを誇るDHA・EPAの含有量にあります。酸化防止成分にはビタミンEを配合。また、1日分のDHA・EPAサプリが個別包装されているため、衛生的にも、飲み忘れを防ぐ意味でも、有り難い商品設計となっています。定期購入だからこそ成しえる、お得な価格設定も嬉しいですね。

定期購入価格:1,080円(※初回、2回目~3,600円+税)
商品構成:5粒×30袋(約30日分)
配合成分(1日分):DHA・EPA 600mg/ビタミンE・・・など




【魚の油?!】DHA・EPAって一体なんなの?効果や摂取方法をまとめました!



先ほどDHA・EPAは不飽和脂肪酸の一種とお話ししましたが、脂肪酸と聞くと「体に悪そう」とイメージしてしますよね。でも、実は脂肪酸にもいくつか種類があり、体に良いものと悪いものがあります。

体に悪い脂質は、バターやラードなどの動物性脂質は飽和脂肪酸です。常温で固まりやすい性質を持っているため、摂りすぎるとドロドロ血液になって体に悪い影響をもたらします。


対して、サバやイワシなどの青魚に多く含まれているDHA・EPA不飽和脂肪酸は、常温ではサラサラとした液状で存在する性質があるため、ドロドロ血液を防いで様々な健康効果をもたらします。

その効果について、下記で詳しく見ていきましょう!


DHA・EPAには、どんな健康効果があるの?



DHA・EPAは様々な健康効果が期待できることをご存知でしょうか。

DHA・EPAは、それぞれ似た働きがある一方で異なる働きもあるため、ここでは効果の違いについて簡単にご紹介します。

DHA(ドコサヘキサエン酸)

脳細胞に働きかけることで、主に脳機能を高める効果があります。そのため、記憶力の向上や認知症、アルツハイマーの予防・改善、精神を落ち着かせる作用があるため、うつ病の予防や改善にも有効です。

脳への働きが期待できるのは大人だけはありません。妊娠中の女性が摂取することで胎児の脳の発達を促すことができるため、子供の健やかな成長をサポートします。


また、DHAは目の網膜に存在することから視機能の向上にも期待でき、血流が良くなることで栄養や酸素がスムーズに運搬されるようになるため、眼精疲労の解消にも役立ちます。

EPA(エイコサペンタエン酸)

血栓の発生を防ぐ血小板凝集抑制作用があり、血液をサラサラにします。それにより、心筋梗塞や脳卒中の原因となる動脈硬化を防ぐ効果が期待できます。

中性脂肪を減らしたり、高血圧を防ぐ作用があるため、主に生活習慣病の予防・改善に有効です。

DHA・EPAに共通する健康効果

DHA・EPAには、血中コレステロール値を下げる作用があるため、血液をサラサラにして質の良い状態へと改善する効果があります。

また、生理痛を引き起こす成分の働きを抑えたり、アレルギー物質の発生を抑制する働きがあるため、女性特有のツラい症状やアレルギー症状を緩和させる効果も期待されています。

<関連記事>
青魚の健康成分「DHA・EPA」ってなに?


実は女性に嬉しい美容効果もある!



DHA・EPAというと健康成分のイメージが強く、摂取するべき対象は中高年の男性を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか?

しかし、先ほども少しお話したように、DHAには胎児の成長や脳の発達を促す働きがあるため、妊娠中や授乳中の女性にも摂取を勧められています。

<関連記事>
赤ちゃんの健康のために、妊娠中に食べたい食材とは?


また、DHA・EPAの代表的な効果と言えば「血をサラサラにする」ことですよね。

血がサラサラになるというのは、つまり「血のめぐりが良くなる」ということで、健康だけでなく美容にも良い影響がもたらされるんです。

すっきり美脚に

脚のむくみでお悩みの方も多いですよね。むくみの主な原因はリンパの流れが滞っていることや運動不足による筋力の低下にあります。

筋力を高めることも大事ですが、リンパの元は血流が関係しているため、血のめぐりが良くすることでリンパの流れが促されてむくみの解消に繋がるのです。

美肌に

血のめぐりがよくなると肌の新陳代謝が活発になります。これは別名ターンオーバーと呼ばれ、28日周期で皮膚細胞が新しく生まれ変わることを意味します。

しかし、血行が悪くなるとターンオーバーは乱れがちになります。そうなると、例えばメラニンが発生しても細胞がそのままなので、シミやくすみとなって姿を残してしまうのです。

シミやくすみはもちろん、ニキビや肌荒れ、敏感肌など様々な肌トラブルの元凶はターンオーバーの乱れにあります。そのため、血のめぐりを良くするDHA・EPAの作用は美肌作りにも大いに役立つのです。

ダイエットに

運動しても痩せない…その原因は基礎代謝の低下にあるかもしれません。何もしない状態で消費されるエネルギーのことを基礎代謝と言いますが、この代謝が低いと太りやすくなります。

基礎代謝は運動によって向上しますが、血のめぐりを良くすることも重要になります。DHA・EPAの血液への働きかけは痩せやすい体質作りをサポートしてくれるのです。

またDHAには脂肪燃焼効果も期待できるため、摂取すると同時に、脂肪分解酵素を活性化させる有酸素運動を取り入れることをおすすめします。

<関連記事>
ダイエット効果を高めるためにDHA・EPAを摂ろう!


DHA・EPAを摂取するには?



DHA・EPAはサバやいわしなど主に青魚に多く含まれていますが、1日に必要なDHA・EPAを食事から補おうとすると相当な量を食べなくてはなりません。

DHA・EPAの1日に必要な摂取量はこのくらい

国民の健康を守るために厚生労働省が推奨しているのは、DHA・EPA合わせて1gです。この量をクリアするためにはおよそ100gほどの魚を食べる必要があります。

刺身だったらマグロ(トロ)を2~5切れ、ブリで4~5切れといったところでしょうか。

DHA・EPAを摂取するには青魚の刺身が一番!

DHA・EPAを最も多く含んでいるのはマグロのトロ部分です。次いでブリ、サバと続きます。他にもサンマ、うなぎ、イワシ、サケなど、大型で脂が乗った青魚ほどその含有量は多くなります。

魚の調理法によっては油分が落ちてDHA・EPAの摂取量が少なくなってしまうため、効率良く摂取するにはお刺身にして生で食べるのが一番です。

食事だけでの摂取量が不安な場合はサプリがおすすめ!

簡単に摂取できそうな量に思えますが、毎日お刺身を食べる習慣があるという家庭は少ないのではないでしょうか。

その場合は、適量を簡単に補えるDHA・EPAサプリがおすすめです。サプリであれば、1日300~600mgものDHA・EPAを摂取することができます。


多くの人は、DHA・EPAの摂取量が1日300mgほど不足していると言われていますので、この量をカバーするのにDHA・EPAサプリはモッテコイなのです。

生の刺身や魚料理が苦手な方にも最適ですよ。


摂りすぎは逆効果!DHA・EPAの過剰摂取にご注意を。



DHA・EPAは健康に欠かせない成分ですが、だからと言って必要以上に摂取してしまうと、体には悪影響を及ぼす恐れがありますので注意しましょう。

先ほども話したように日本では、DHA・EPA合わせて1日1gの摂取が望ましいと言われております。

海外では5g摂取しても問題ないとしている国もありますが、過剰摂取によって吐き気や下痢、鼻血などの症状が引きおこる可能性があると考えられていますので、3g以上の摂取は控えるようにしましょう。

<関連記事>
DHA・EPAの摂りすぎ、どんなリスクがある?

薬を服用している人も要注意

DHA・EPAには血液をサラサラにする効果があるため、血症ができるのを防ぐ薬(血液凝固阻止剤)を服用している人は摂取量に注意しなくてはなりません。

何らかの持病があり通院している人も、摂取する際は医師に相談しておきましょう。


サプリであれば1日数粒の摂取で簡単に補うことができますし、1粒に含まれるDHA・EPAの量は100mg前後ですので、その日の食事内容に合わせて量を細かく調整しながら飲むことも可能です。過剰摂取を予防することもできますね。

食生活が乱れがちな方や生活習慣病が気になる方は、DHA・EPAがたっぷり摂れるサプリメントからの摂取をおすすめ致します。

 DHA・EPAサプリのおすすめ人気ランキング





【当社運営サイト】
ほうれい線を消す化粧品、おすすめは?
法令線・しわは、女性の肌年齢が衰えてきたことを示すサインです。ほっておいて自然に消えることは決してありません。でも、そのためにはどんな化粧品・美容液・クリームを使えばいいのでしょうか?ここでは、ほうれい線対策の化粧品の選び方を紹介します。


ニキビ跡を消す化粧水、選ぶなら?
ニキビ跡の化粧品は数が多すぎて迷ってしまいますよね。このサイトは、ニキビ跡に悩む方のために最適な化粧品・化粧水・美容液を紹介する情報サイトです。


青汁ノート ~ 美容・健康が気になる方へ
「青汁」は以前よりご年配の方に親しまれてきましたが、最近では美肌やダイエットに効果的だと若い人達の間でも人気となっています。ここでは、そんな青汁の美容・健康効果について紹介いたします!


脱毛サロン、部位別の人気ランキング!
脱毛しようと思ったら、脱毛サロンでやってもらうのが一番です。ですが、どの部位を脱毛してもらうかによっても、オススメの脱毛サロンは違います。ここでは、部位別の脱毛サロンを人気ランキング形式で紹介します。