メニュー

女性は注意、更年期障害の症状とは?

女性は注意、更年期障害の症状とは?



年齢を重ねた女性が心配になるのが『更年期障害』です。誰もが更年期障害になるというわけではありませんが、多くの女性が悩まされていると言えます。

更年期障害の症状はそれぞれの人によって異なりますが、できることなら症状を軽くしたいもの。予防できるものなら予防したいですよね。

そこで、更年期障害とは一体どんなものなのか、対策方法はあるのかなど、更年期障害についていろいろ調べてみましたのでご紹介いたします。


更年期障害とは?


『更年期』を知る

更年期障害という言葉ばかりが先行している印象がありますが、そもそも更年期とは何なのでしょうか。更年期とは、閉経する前後の期間をいい、前後5年くらいを指しています。生理は卵巣が排卵を行い、子宮が妊娠の準備をすることで起こります。

卵巣の機能は30代から少しずつ衰えていくといわれていて、卵巣が排卵をしなくなると、必然的に生理も起こらなくなり、閉経に向かっていくのです。閉経前後は卵巣の機能が本格的にストップする時期を指しているといってもよいでしょう。

更年期と更年期障害

更年期を迎え、卵巣の機能が縮小していくと、今まで卵巣から出ていたホルモンの分泌が少なくなっていきます。

ホルモン分泌が減っていくことで、脳が「ホルモンを出さないと」と『性腺刺激ホルモン』を過剰に分泌しようとするのですが、この性腺刺激ホルモンの分泌が脳を興奮状態にしてしまい、自律神経に影響をおよぼしてしまうのです。

自律神経に支障をきたすと体にさまざまな症状が出てくるのは多くの人が知る通りになりますが、その症状のことを『更年期障害』と呼んでいます。だいたい40代中盤から50代にかけて、更年期障害の症状を訴える人が多いようです。

更年期障害の症状はどんなもの?

更年期障害には実にさまざまな症状が表れますが、代表的なものとしては肩こりや腰痛がひどくなる、疲れやすくなる、イライラする、めまいが起こる、憂鬱な気分になる、ほてりや多汗がある、といったものが挙げられます。

肩こりや腰痛がひどくなったという声が一番多いようですが、更年期障害はイライラしやすい、というイメージも強いですね。

更年期を迎える上で気をつけたいこと

まず、更年期障害について必要以上に怖がらないこと、後ろ向きに考えないことが大切です。

更年期は女性であれば誰もが迎えるものですし、更年期障害の症状は必ず起こるとも限りません。また症状の度合いもさまざまで、ほとんど実感しなかった、という人もたくさんいます。


年齢を重ねて生理不順になってきた途端心配になってしまうと、心の影響で体によくない症状が出てしまかもしれませんので、前向きに考えましょう。

なお、更年期を迎えた女性はカルシウムの吸収率が下がるといわれており、骨が弱くなって骨折しやすくなる人もいるようです。更年期を迎える前から積極的にカルシウムの摂取に努め、更年期に備えておくとよいと思います。


更年期障害の対策は?


リラックスを心がける

更年期障害の症状として、イライラしたり憂鬱な気分になるといったものが挙げられます。

また更年期障害だと考えるだけでなんとなく憂鬱になってしまうものですよね。そんな時に、手軽にリラックスできる方法を見つけておくと、症状が緩和されるためおすすめです。

お気に入りのエッセンシャルオイルをディヒューザーで焚いて香りを楽しんだり、お気に入りの映画や音楽を楽しむ、体を動かすなど、意識的に気分転換を行いましょう。

ホルモンバランスを整える食事を意識する

更年期を向けると、女性ホルモンが減少してホルモンバランスが乱れがちです。女性ホルモンは、エストロゲンとプロゲステロンというホルモンで構成されているのですが、これらの分泌を促すのが『大豆イソフラボン』だといわれています。

食生活の中に大豆製品を積極的に摂り入れることで、ホルモンバランスが整いやすくなるのでぜひ意識的に摂り入れましょう。

手軽に摂取できる大豆製品としては、納豆や豆乳が挙げられます。1日に摂取したいイソフラボンの量は40mg前後だといわれていますが、納豆1パックに40mg弱のイソフラボンが含まれていますので、比較的手軽に必要量を摂取できそうです。

肥満に気をつける

前述した女性ホルモンのひとつエストロゲンは、コレステロールを抑える働きがありますが、更年期を迎えてエストロゲンが減少することで、体内のコレステロールが増加しやすくなり、肥満体質になる人がいます。

油分の多い食事を避け、野菜中心の食事を意識するなど、肥満予防を考えた生活を心がけましょう。


DHA・EPAが更年期障害の症状を和らげる?


更年期障害対策に、DHAやEPAが注目されている

DHAやEPAが更年期障害に有効だというのは少し意外かもしれませんが、さまざまな実験が行われ、その効果が立証されています。

DHAやEPAの油は、『オメガ3オイル』として認識されていますが、これらを摂取することで、自律神経が整いやすくなり、更年期障害の症状を抑えることができると言われています。


閉経前後の女性が一定期間DHAとEPAを摂取したところ、更年期障害の症状であるほてりがかなり改善されたとの結果が出たそうです。

オメガ3は認知症予防にも効果があるといわれていますので、脳によい影響を及ぼすのは確かです。更年期障害の症状は、脳が性腺刺激ホルモンを分泌しようとして自律神経が乱れることによって起こりますので、オメガ3が更年期障害を和らげるのもうなずけます。


また、オメガ3系のオイルには、コレステロールを抑制する効果がありますので、更年期における肥満予防にも効果が期待できそうですね。

更年期障害の症状においては、治験でいくつかの実験をしており、すべての人に効果が表れたというわけではないようですが、効果があったという人もいたようですので、健康な体づくりの一環として摂り入れてみてもよいかもしれません。

DHAやEPAはサプリメントで摂取しよう

DHAやEPAは、青魚の油に豊富に含まれているといわれています。更年期障害以外にも体によい効果がたくさんありますので、ぜひ毎日摂り入れたいところですが、毎日青魚をいただくというのもなかなか大変です。

そこでおすすめなのが、サプリメントを活用することです。サプリメントであれば、毎日手軽に規則正しく摂取することができますし、吸収しやすいよう考えて作られているので効率的です。

青魚が苦手という女性は多いですので、そんな方ことぜひサプリメントの活用をおすすめします。

女性は注意、更年期障害の症状とは?のまとめ

  • 更年期とは、閉経前後の5年ほどの期間を指す
  • 更年期を迎えるとカルシウムの吸収が低下するので、更年期前から積極的にカルシウムを摂取する
  • 更年期障害対策として、アロマなどリラックスできる方法を見つけておくこと、大豆イソフラボンを摂り入れること、肥満に注意することなどがおすすめ
  • 更年期障害対策に、DHAやEPAの摂取が効果的
  • DHAやEPAの摂取には、サプリメンをと活用すると摂り入れやすい