メニュー

脳梗塞ってどんな病気?症状や予防法は?

脳梗塞ってどんな病気?症状や予防法は?



がんや心臓病に次いで日本人の国民病として挙げられるのが脳卒中です。

脳卒中には、脳の血管が破けて出血を起こす「脳出血」や「クモ膜下出血」などがありますが、その中でも日本国内において患者数がずば抜けて多いのが、脳の血管が詰まることで起こる「脳梗塞」です。

死因として減少傾向にある脳出血に比べて、脳梗塞による死亡は減っておらず、むしろ発症率は高まっていると言われています。

ここでは、そんな「脳梗塞」について、前兆や症状、有効な予防策についてお話ししたいと思います。


脳梗塞とは



脳梗塞とは、脳の動脈が詰まってしまったり血流が滞ることで、脳に必要な酸素や栄養が行き渡らない状態が長く続き、脳組織の一部が壊死(えし)を起こしてしまうことを言います。

日本では3大国民病のひとつと言われており、がんや心臓病に続き、死因の第3位を占めています。また、脳梗塞は死亡率が高いだけでなく、一命を取り留めた場合でも半身まひなど後遺症が起こりやすいことで知られています。

脳梗塞の種類

一口に脳梗塞と言っても、血管が詰まる原因や状態、予防法や治療法の違いなどから3つの種類に分けることができます。

・ラクナ梗塞
脳の血管は、木の枝のように太い血管から細い血管へと枝分かれしていきますが、血管壁が厚みを帯びてしまい細い血管が詰まって起こるのが、このラクナ梗塞です。

高血圧が大きな原因とされ、脳梗塞の中でも最も多いタイプとなります。


・アテローム血栓性脳梗塞
動脈硬化(アテローム)によって太い血管が狭まった上、発生した血栓により血管が詰まって起こるのが、このアテローム血栓性脳梗塞です。

原因はラクナ梗塞と同様に高血圧や、高脂血症、糖尿病など動脈硬化の悪化に繋がる生活習慣病によってそのリスクは高くなります。


・心原性脳塞栓症
心臓の中で発生した血栓が、血液によって脳まで運ばれ、太い血管を詰まらせて起こるのが、この心原性脳塞栓症です。心房細動や心筋梗塞などが主な原因だと言われています。

脳以外の箇所で血栓ができるため、前兆などの症状が現れにくく、突然倒れるなどして重傷化の可能性が高いのがこのタイプで、死亡率も高いのが特徴です。


脳梗塞の症状は?前兆はある?



脳梗塞は脳組織が部分的に壊死してしまうため、障害を受けた場所によっては命に関わったり、介護が必要な重い後遺症を伴うケースは少なくありません。

最悪の事態を招かないためには、脳梗塞の症状について把握し、早期発見に努めることが重要になってきます。

脳梗塞の症状

脳梗塞の症状は、脳細胞が壊死した場所によって変わってきます。


■部位別症状

症状が起こる部位 具体的な症状
手・腕
  • 片方の手・腕にしびれを感じる
  • 持っているものを落とす
  • 文字や線が書けなくなる
  • お箸が上手に使えなくなる・・・etc
  • 片方の足にしびれを感じる
  • めまいがして真っすぐ歩けない
  • 何もない所でつまづく
  • 足がもつれる
  • 体がフラフラする
  • 顔・頭・言語
  • 顔の半分がゆがむ
  • 食べ物が口からこぼれる、飲み込みにくい
  • ろれつが回らなくなる
  • 人の話が理解しにくくなる
  • 物がブレたり二重に見える
  • 片側だけ幕がかかったように見えにくくなる

  • このように、脳梗塞は、運動、平衡、感覚、言語、嚥下、視覚において何らかの症状が現れます。

    脳梗塞は発作を起こした後、ほんの数時間のうちに脳組織が壊死してしまいます。完全に壊死してしまった脳組織は、血液が流れるようになっても再生できませんので、一刻も早い対応が求められます。

    しびれなどの違和感があっても意識がはっきりとしていて、自分ではあまり緊急性が感じられないこともありますが、これら症状がひとつでも心当たりがあれば、すぐさま病院に駆けつけてください。

    前兆はあるの?

    脳梗塞の前兆として挙げられるのが、一過性脳虚血発作です。一過性脳虚血発作とは、上記のような脳梗塞の症状が、5~10分、長い場合でも1日以内に治まる短期的な発作のことを言います。

    すぐに症状が治まってしまうため、そのまま放置してしまい、後々に脳梗塞を発症するケースは少なくありません。


    これら症状が頻繁に起こる場合は脳梗塞の危険サインですので、ただちに脳の専門医の診断を仰ぎましょう。ただし、このような前兆は脳梗塞患者のたった1/4であり、何の前兆もなく脳梗塞を発症するケースが多くを占めています。


    脳梗塞の原因は?


    ドロドロ血液と動脈硬化

    脳梗塞の大きな原因は動脈硬化です。動脈硬化とは、加齢や不規則な生活習慣により血管が硬くなり、動脈内壁にドロドロと粘りある血栓が付着して血管が狭まり、血流が滞る状態を言います。

    血栓は、悪玉コレステロールや中性脂肪の摂りすぎによって生じやすくなります。

    生活習慣病

    高血圧や糖尿病、高脂血症、肥満などの生活習慣病を持っている方は要注意。動脈硬化のリスクが高まる危険因子ですので、早急に生活習慣の改善が求められます。

    また、心房細動や心筋梗塞、心臓弁膜など、心疾患が原因で血栓ができ、それが脳にまわって脳梗塞を起こします。

    血圧の低下と脱水

    脳梗塞というと寒い時期に起こりやすい病気だとイメージしている方も多いですが、実は意外なことに夏に最も発症しやすい病気なんです。

    その理由は、血圧の低下と脱水にあります。夏は気温が高いため、体内にこもる熱を発散するために血管が広がり血圧が低下します。さらに汗を沢山かくことで水分量が減少し、血液濃度が高まるために血管が詰まりやすくなるのです。


    脳梗塞の予防策


    運動不足

    運動不足によって基礎代謝が低下すると食べたものを消費しきれなくなり、肥満に繋がり生活習慣病のリスクを高めます。また、運動しないことで血管が硬くなり、動脈硬化の進行を促します。

    そのため、健康な血管を保つためにも、日ごろから運動習慣を取り入れる必要があります。ウォーキングなど簡単な有酸素運動で構いませんので、毎日の運動を習慣にしましょう。

    飲酒・喫煙

    アルコールの摂取も高血圧の原因となります。適量であれば、気持ちをリラックスさせたり、血行促進の意味でも健康に良いと言われていますが、飲みすぎは禁物。1日ビール1本で留めるようにしましょう。

    また、喫煙者は脳梗塞の発症率を高めることがわかっています。禁煙して5年ほど経てば、非禁煙者と同じくらいまで脳梗塞の発症率は低下すると言われていますので、健康のためにも禁煙に努めましょう。

    食生活の見直し

    健康のためにある程度は必要なコレステロールですが、摂りすぎはドロドロ血液の原因になりますので、日ごろカロリーの高い食生活を送っている方は注意しなくてはなりません。

    コレステロールを多く含む食材は、レバーやバター、えび、いくら、卵などの動物性タンパク質が多いです。これら食材は栄養も豊富なので、あくまでも偏った摂取を控えたいところです。また、マヨネーズなどの調味料の使い過ぎにも注意したいですね。

    動脈硬化の予防としておすすめなのは、和食です。野菜をたくさん摂取できる和食は、コレステロール値の上昇を抑制する食物繊維が豊富です。また、ビタミン・ミネラルも効率良く摂取できますので、生活習慣病の予防にも繋がります。

    また、詳しくは次で紹介しますが、動脈硬化の予防に有効な食材のひとつに魚があります。そのため、魚や野菜を中心とした伝統的な和食メニューは動脈硬化の予防に最適だと言えます。

    ただ、和食で気を付けたいのが塩分です。塩分の摂りすぎは、高血圧を引き起こしますので、味付けは塩に頼るのではなくダシを使って旨味を引き出すようにしましょう。

    魚の油「DHA・EPA」を摂取する



    脳梗塞の予防に良いとされているのが魚の油です。魚の油には、不飽和脂肪酸であるDHAやEPAが豊富に含まれており、これらには動脈硬化を促すコレステロールや中性脂肪を減らす作用があります。

    特にEPAは、血液をサラサラにする効果が高く、血液が固まるのを防ぎ、脳梗塞の原因となる血栓の発生を抑えます。また、DHAは、脳の血管へと侵入できる特別な成分であるため、脳機能の改善効果が期待されています。

    DHAやEPAを摂取することで、血管の老化を食い止め、血液の質を改善することができ、結果としてドロドロ血液や動脈硬化のリスク軽減に繋がります。そのため、脳梗塞を予防するためには魚を取り入れた食生活を送るように心がけたいところです。


    脳梗塞の予防にDHA・EPAサプリが良いって本当?



    DHAやEPAは、いわしやサバ、まぐろなどの青魚に多く含まれています。DHA・EPAの適正摂取量は1日1000mg~1500mgですが、私たち日本人は食生活の変化により十分に摂取できていないのが現状です。

    食事から摂取するのが一番望ましいものですが、難しい場合にはサプリメントで補給するという手もあります。

    メーカーによって含有量やそれぞれの配合量は異なりますが、ほとんどのサプリは合わせて500mg前後のDHA・EPAが摂取できるようになっています。普段の食事だけでは足りない分をDHA・EPAサプリで簡単に補給することができるため、魚を食べる機会が少ない方には特におすすめです。


    また、DHA・EPAサプリの摂取は脳梗塞の再発防止にも有効だと言えます。脳梗塞は再発しやすい病気ですので、治療して良くなったとしても発症後1年ほどは注意する必要があります。

    脳梗塞を予防するためにも、脳梗塞の再発を防止するためにも、DHA・EPAをしっかりと摂取してサラサラな血液を保ち、丈夫な血管へと導くことが大切ですので、DHA・EPAサプリを上手に利用して健康を目指しましょう。

    下記ではおすすめのDHA・EPAサプリを紹介しています。ぜひ、こちらのランキングも参考にしてくださいね。

    脳梗塞ってどんな病気?症状や予防法は?のまとめ

    • 脳梗塞とは、脳の血管が詰まる病気のこと
    • 脳梗塞の原因は、ドロドロな血液によって起こる動脈硬化
    • 脳梗塞の症状は、運動、感覚、視覚、言語において何らかの障害が起こる
    • 生活習慣の改善や魚油の摂取が脳梗塞の予防に効果的!
    • 脳梗塞の予防と再発防止にDHA・EPAサプリがおすすめ!