メニュー

高脂血症ってどんな病気?予防や対策は?

高脂血症ってどんな病気?予防や対策は?



血液中の中性脂肪や悪玉(LDL)コレステロールが多すぎることを高脂血症と呼びます。この高脂血症は動脈硬化症などの病気を引き起こすやすいことから、近年健康維持の大敵として広く知られるようになってきています。

今回は、高脂血症の基礎知識と予防・改善策についてご紹介していきましょう。


高脂血症ってどんな病気?


高脂血症とは

高脂血症とは、血液中の悪玉(LDL)コレステロールや中性脂肪(トリグリセライド)が多すぎる病気です。最近では、善玉(HDL)コレステロール値が低すぎることも健康リスクになることが分かり、

  • 中性脂肪値が高い
  • 悪玉(LDL)コレステロール値が高い
  • 善玉(HDL)コレステロール値が低い

この3つをあわせて「脂質異常症」と呼ばれることも増えてきています。

高脂血症は、それ単体では特に目立った自覚症状はありませんが、放置してしまうと血管の動脈硬化が少しずつ進行し、心筋梗塞や脳卒中といった重篤な病気となる危険性があります。

高脂血症はなぜ怖い?

高脂血症の状態が続くと、体中の血管の中で動脈硬化と呼ばれる症状が静かに進行していきます。動脈硬化が進むと全身を走る動脈の血管が固くもろくなり、血管が狭く細くなってしまいます。

さらに、血液の流れが悪くなり栄養素やエネルギーが全身に行き渡らない、血管に血栓などが詰まってしまうといった問題が次々に引き起こされます。

その結果、心臓の血管が詰まってしまう急性心筋梗塞、脳の血管が詰まってしまう脳梗塞など、生命を脅かしかねない重大な合併症が起きやすくなってしまうのです。

心筋梗塞や脳梗塞の割合を合わせると日本人の死因の約3割を占めます。高脂血症の怖さは、日本人にとって無視することができない重要な問題であると言えるでしょう。

高脂血症によって動脈硬化が起こるメカニズム

血管は内側から「内膜・中膜・外膜」の3層からなっています。この中の内膜には内皮細胞という細胞に覆われているのですが、この内皮細胞には血管を広げたり、血液が固まるのを予防する働きがあります。

高脂血症から起こる動脈硬化は、この内皮細胞や内膜に深い関わりがあります。

では、動脈硬化が起こるメカニズムを簡単にご説明しましょう。

.高脂血症などによって血管に負担がかかると、血管の内皮細胞や内膜に傷や亀裂が生じ、動脈硬化を防ぐ働きが低下する

.血液中の悪玉(LDL)コレステロールが、傷内皮細胞のや亀裂から内膜
い入り込み、血管内で酸化LDLに変性する

.酸化LDLを排除するために血液中の白血球も内膜に入り込み、マクロファージになる

.マクロファージは酸化LDLを取り込むと死に、内膜内に蓄積される

.結果、LDLに含まれていた脂肪やコレステロールがプラーク(沈着物)となって溜まり、内膜が厚くなる

このようなメカニズムでプラークが生じると、血液の流れが阻害され、血液によって栄養素や酸素が送られている脳や心臓にダメージが与えられてしまいます。

さらにプラークが破れた場合、その部分に血栓(血の固まり)ができ、血管が詰まってしまいます。この時血流は途絶え、心筋梗塞や脳梗塞が起こるリスクが跳ね上がってしまいます。

また、血栓がその場に留まらず血流によって全身を巡ることもあり、脳などの細い動脈を詰まらせて脳梗塞などを引き起こす危険性もあります。


高脂血症を予防・改善するには



大変怖い高脂血症ですが、実は食事や運動などに気をつけることである程度改善することが可能です。

高脂血症の改善に役立つ食事や運動についてご説明します。

高脂血症を改善する食事 その基本とは

高脂血症を改善するには、悪玉コレステロールや中性脂肪を排出する食事に気を配るのが基本となります。毎日の食事では、まず以下の点に気をつけてみて下さい

・栄養バランスに気を配り、脂質の摂りすぎに気をつける
・ビタミン、ミネラル、食物繊維の摂取を心がける
・適切な摂取エネルギー量を守り、適正な体重・体脂肪率を維持する
・中性脂肪値が高い場合は、脂質やアルコールの摂取量を減らす
・不飽和脂肪酸の豊富な、魚の脂や食物性脂肪の摂取を心がける
・高脂血症を改善する食材を意識して摂取する

高脂血症改善に効果的な食材



高脂血症を改善する食材をまとめましたので、是非参考にしてみて下さい

■中性脂肪を排出する水溶性食物繊維の豊富な食材

・納豆、オクラ、わかめ、キノコ類、モロヘイヤ、山芋、果物など


■悪玉コレステロールの増加を抑制する栄養素と食材

・ビタミンA・E:緑黄色野菜、魚、鶏肉、レバーなど
・ビタミンC:ブロッコリー、じゃがいも、サツマイモ、柑橘類、パプリカ、キウイ、苺など
・ポリフェノール:赤ワイン、ココア、緑茶、春菊、シシトウ、レンコン、バナナなど
・アスタキサンチン:鮭、いくら、甘エビ、マスなど

■中性脂肪値やコレステロール値を下げ、血液をサラサラにする食材

・青魚(DHAやEPAが豊富)、納豆、大豆、大豆製品など


これらの食材を積極的に献立に取り入れることで、高脂血症の原因となる中性脂肪や悪玉コレステロールの値を下げる効果が期待できます。

また、調理法も動物性油脂をなるべく使わず、ゆでる・蒸す・焼くといった方法を選択し、味付けも薄めにして、塩分の摂りすぎを防ぐことにも気を配りましょう。

高脂血症改善に役立つ運動



高脂血症の改善に役立つ運動は、中性脂肪の燃焼やコレステロールの排出につながる有酸素運動です。無理をして短期間で終了してしまうのが一番良くありませんので、はじめは軽い運動から始め、無理なく気長に継続しましょう。

ウォーキング
歩くという行動は、老若男女問わず誰でもできる簡単で手軽な全身運動です。まずは自分が普段歩いているテンポで2~3km程度歩くことから始めてみましょう。

慣れてきたらペースを速める、距離を伸ばす、スロージョギングに挑戦するなど、少しずつ運動強度を増していくのがおすすめです。

ジョギング
ウォーキングで体ができてきたら、ジョギングを始めてみるのも良いでしょう。はじめは5分程度走ることから始め、徐々に距離を伸ばしていくのが基本です。ジョギングには心肺機能を高める効果も期待でき、脂肪を燃焼しやすい体作りに役立ちます。

水泳
水泳は水圧の作用のため、運動効率が高いことで知られます。まずは5分程度継続して泳ぐことから始め、10分、20分と少しずつ時間を延ばしていきましょう。水泳はエネルギー消費量も多いので、疲れたら無理をせず、早め早めに急速を取ることが大切です。


これらの他にも、サイクリングや踏み台昇降、縄跳びなども手軽にできるおすすめの有酸素運動です。

高脂血症は生活習慣や食生活の見直しで、ある程度改善・予防ができる病気です。まずはバランスの良い食生活に気を配り、無理をしない範囲で有酸素運動を続けることから始めてみて下さい。


高脂血症の予防にはDHA・EPAサプリがおすすめ



高脂血症の予防と改善に役立つとして、近年DHA・EPAが注目されています。前項で高脂血症の改善に役立つ食材の一つとして青魚をご紹介しましたが、その理由は青魚にDHA・EPAが豊富に含まれているからに他なりません。

DHA・EPAには、中性脂肪・悪玉コレステロール値の低下作用や、血管の弾力性を維持する働きなどがあるとされ、高脂血症の予防に大変役立つとされています。


そのため、医療機関などでも高脂血症の食事療法において青魚の摂取が推奨されているのですが、毎日青魚を食べ続けるというのは現実問題として、少々難しいというのが実情です。

そこで活用したいのが、DHA・EPAのサプリメントです。サプリメントであれば、いつでも手軽にDHAやEPAを摂取することができますし、不足分だけを補って過剰摂取を防ぐなど、摂取量の調整も容易にできます。


また、青魚と違って旬や漁獲量の関係で価格が上下することもありませんので、お財布に優しく継続しやすいというメリットもあります。

高脂血症の予防には、長期的な食生活の改善が大切です・DHA・EPAサプリメントはその重要なサポート役として役立ってくれることでしょう。

高脂血症ってどんな病気?予防や対策は?のまとめ

  • 血中に悪玉コレステロールが多い状態を高脂血症と言う
  • 高脂血症は動脈硬化を進行させる生活習慣病のひとつ
  • 高脂血症の予防には、食生活の見直し・運動が欠かせない
  • DHA・EPAサプリは高脂血症の予防におすすめ!