メニュー

肥満(メタボ)ってどんな病気?症状や予防法は?

肥満(メタボ)ってどんな病気?症状や予防法は?



この数年でメタボという言葉が急速に広がり「肥満=メタボ」という認識を持つ方が増えてきました。しかし、認知度が高くなり誰でも知る言葉となったせいか、メタボという言葉から危機感をあまり感じないという方が増えてきているようです。

そこで今回は、メタボがどのようなものであるのか、どのような問題をはらんでいるのか、今一度確認していきたいと思います。


肥満・メタボについて

メタボという言葉はこの数年で一気に認知度が高くなり、太っている人を揶揄してメタボと呼ぶことなども増えてきました。

これは、メタボ診断において腹部肥満を診ることに関係していると考えられます。しかし実際には、メタボはこういった一般のイメージよりも身体にとって深刻な問題をはらんでいます。

メタボリックシンドロームとは?



メタボリックシンドロームとは「内臓脂肪症候群」のことを指します。この内臓脂肪症候群とは、複数の異常や病気のリスクを伴っている状態のことです。

メタボリックシンドロームの診断基準は次の通りです。

1.内臓脂肪蓄積(ウエスト周囲径で判断)

ウエスト周囲径
男性 85cm以上
女性 90cm以上


2.1に加え次の2項目以上が該当している

・血清脂質異常
中性脂肪150mg/dl以上
HDLコレステロール値40mg/dl
(いずれか又は両方)

・血圧高値
最高血圧130mmHg以上
最低血圧85mmHg以上
(いずれか又は両方)

・高血糖
空腹時血糖110mg/dl以上


近年の研究によって、生活習慣病の中の「高血圧」「糖尿病」「脂質異常症」が特に合併しやすいことが判明し、さらに肥満が原因となっているケースが多いことが分かってきました。

高血圧・糖尿病・脂質異常症はそれぞれが軽傷や予備軍の状態であったとしても、2つ以上重なった場合、心筋梗塞や脳卒中といった重篤な病気の発生原因となります。そのため、上記のような診断基準が定められ、該当するものをメタボリックシンドロームとして診断することとなったのです。


メタボリックシンドロームという診断は、腹部に脂肪が蓄積して肥満の状態にあるというだけでなく、糖尿病や高血圧、脂質異常症などのリスクが複数重なっていること、そして放置してしまうと心筋梗塞や脳梗塞を発症する危険性があることを意味します。

メタボは単に「太っている」という状態を指すわけではないことを、しっかりと覚えておきましょう。

そもそも肥満ってなに?

太っている=肥満と捉えがちですが、実は肥満にもいくつか種類があります。一般的には「内臓脂肪型肥満」と「皮下脂肪型肥満」に大別されますが、メタボで問題となるのは内臓脂肪型肥満の方です。

内臓脂肪型肥満:内臓周りに脂肪が溜まる肥満を指します。腸の周りや腹腔内に脂肪が蓄積するため、お腹がぽっこりとでるのが特徴です。その体型から「リンゴ型肥満」とも呼ばれています。

皮下脂肪型肥満:主に太ももやお尻、腰周りといった下半身に脂肪が蓄積するタイプの肥満です。比較的女性に多く見られ「洋なし型肥満」と呼ばれます。

前述の通り、メタボ診断では内臓脂肪の蓄積度をはかるためにウエスト周囲径を計測します。しかし、ウエスト周囲径が基準値以下であっても、内臓脂肪の面積が基準の100c㎡以上の人も存在します。そのため、正確な状態を確認する必要がある場合は、腹部CTスキャンで測定も行われます。

なお、メタボ診断とは別に、肥満度をはかる目安として「BMI(ボディマスインデックス)」というものがあります。これは、身長と体重の関係から肥満度をみるもので、以下の式から算出することができます。

BMI=体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)

BMIの正常値は18.5~24.9となっており、25以上で肥満、18未満が痩せと判定されます。


肥満・メタボを予防・改善するには



肥満・メタボの予防・改善を考える上で大切なのは、内臓脂肪の量をいかに減らすかということです。

食べ過ぎや飲み過ぎ、運動不足などによってエネルギーの消費量を摂取量が上まわり、エネルギーが過剰摂取の状態となると、内臓脂肪はかんたんに増えて蓄積してしまいます。


しかし、内臓脂肪が蓄積してぽっこりとお腹が出てしまったからといって、すぐに悲観することはありません。実は内臓脂肪は分解と合成を常に行っているため、エネルギーになりやすいという性質を持っています。

つまり、脂肪を燃焼させてエネルギーに変換するための運動を行えば、内臓脂肪の量は減らせるというわけです。

エネルギーの摂取と消費のバランスを意識する

食事で摂取したエネルギーが多すぎて使い切れなかった場合、身体はその余ったエネルギーを内臓脂肪として蓄えてしまいます。

そのため、内臓脂肪の蓄積量を減らすためには、カロリーの過剰摂取に繋がりやすいアルコールや菓子類の量を減らすと同時に、適切な運動を続けてエネルギーの消費を行うことが重要になります。

肥満・メタボ予防のポイント

肥満の予防と改善には、食生活の改善と運動が効果的です。

・食事のポイント

1.1日3食、できるだけ決まった時間に規則正しく食べる
2.食事時間を守り、就寝前にものを食べないように心がける
3.ゆっくりと時間をかけ、良く噛んで食べる
4.栄養バランスを考え、偏りのない献立を心がける
5.腹八分目を守る
6.間食や飲酒が習慣となっている場合は内容を見直して改善する


・運動のポイント

1.有酸素運動を継続する
脂肪は燃焼時に大量の酸素を必要とするため、メタボや肥満には、酸素を身体に取り込むことができる有酸素運動が有効です。

ただ、強度の大きな運動を短期間行うのでは効果が低いため、息を切らすことなく長く続けることがでいる、ウォーキングやスロージョギング、サイクリング、水泳などが適しています。

2.脂肪が燃えやすい身体を作る
全身の筋肉量が増加すると基礎代謝が高まり、体脂肪が燃えやすい身体となります。毎日腹筋や腕立て伏せ、スクワットなど筋肉を増強できる運動を無理のない範囲で続けてみましょう。

家庭で手軽にできるストレッチや踏み台昇降なども良いですが、ジムなどにある機械類で鍛える運動も効果的です。


DHA・EPAサプリが肥満・メタボ予防に役立つ理由とは?



DHAやEPAは、血液をサラサラにする効果や記憶力の向上作用などが有名ですが、近年、脂肪の燃焼効果やダイエット効果も期待できることが分かってきました。

人の脂肪細胞には、脂肪を貯蔵する白色脂肪細胞と、脂肪を分解して燃焼を促す褐色脂肪細胞がありますが、メタボ予防を考える場合、いかにして褐色脂肪細胞を増やすかという点が重要になります。


最近の研究で、DHAやEPAのような多価不飽和脂肪酸には褐色脂肪細胞を活性化する作用があることが推定され、脂肪燃焼作用があると考えられるようになりました。

また、DHAやEPAには、メタボを形成する「内臓脂肪型肥満、脂質異常、高血糖、高血圧」の4要素を改善する効果が期待できることから、メタボの予防と改善のために摂取する人も増えてきています。


さらに、DHAやEPAには血中の中性脂肪や悪玉コレステロールを減らし、血液や血管、血流の状態を改善する働きもあります。それに加え、DHAには血糖値上昇抑制作用、血圧降下作用などもあるため、メタボ対策には大変適していると考えられます。

DHAやEPAは質の良いサプリメントが安定した価格で販売されているため、ダイエットの強い味方となってくれることでしょう。

肥満(メタボ)ってどんな病気?症状や予防法は?のまとめ

  • メタボは太っていることを意味するのではなく、身体に深刻な問題があることを示している
  • メタボとは、内臓脂肪型肥満に加え、高血圧、高血糖、脂質異常のうちの2つ以上が重複している状態を指す
  • メタボや肥満の予防・改善には、食生活の見直しと適度な運動が効果的
  • DHAやEPAには、肥満やメタボを改善する効果が期待できる