メニュー

認知症を予防する生活習慣とは?

認知症を予防する生活習慣とは?



急速に高齢化が進む日本において、認知症は今や国民病と呼ばれるものとなりつつあります。現実問題として、65歳以上の高齢者の約15%が何らかの形で認知症を患っているとされているほどです。

しかしながら、認知症に関する情報や注意喚起などはまだまだ広く認知されているとは言えず「認知症=ぼけ」といった認識を持つ方が多いのが実情です。

そこで今回は認知症とはどんな病気なのか見ていきたいと思います。


認知症ってどんな病気?

認知症とは、アルツハイマー病や脳血管疾患、その他の原因などによって、脳の細胞が死んでしまったり、器質的な変化が起こしたりして、日常生活に支障が出る程度まで認知機能および記憶機能が低下した状態を指します。

認知症はぼけ(呆け)と同じものとされることが多いのですが、厳密には異なるものです。


・認知症
医学的な言葉で、脳の器質的病変を原因とした記憶障害や学習能力の障害、人格の変化などを指す。徐々に進行し、物忘れについては体験や経験ごと丸ごと忘れてしまうため、日常生活に支障をきたす

・ぼけ
加齢に伴って現れる精神変化の通称。生理的老化による記憶障害などを指す。体験したことや経験したことは一部分を除き覚えており、あまり進行しない。日常生活に支障がでることは少ない

認知症の種類



認知症はアルツハイマーによるもの、というイメージを持つ方も多いかと思いますが、実は発症の原因によって、数多くの種類があります。頭に強い衝撃や外傷を負って発症することもありますし、脳血管障害が認知症に繋がることもあるとされます。

一説によると数十種類に分類できると言われる認知症ですが、特に割合が高い認知症3つが三大認知症として広く認知されています。


1.アルツハイマー型認知症(全体の50%)
海馬を中心に神経原繊維変化や老人斑が脳の広範囲に現れ、脳の神経細胞が死滅する。海馬を中心に脳の萎縮が認められ、認知機能障害や妄想、徘徊といった症状がみられる

2.脳血管性認知症(15%)
脳出血や脳梗塞などが原因となり、脳の血流が著しく阻害され、脳の一部が壊死してしまう。男性に多い傾向があり、認知機能障害(まだら認知症)に加え、手足の痺れや麻痺、人格の変化、感情コントロールがうまくいかないといった症状がみられる

3.レビー小体型認知症(全体の20%)
レビー小体という神経細胞の内部に見られる特殊な構造物ができることで、脳の神経細胞が死滅してしまう。男性にやや多く、脳の萎縮などは見られない。初期段階で妄想や幻視、パーキンソン症状が現れ、認知機能障害、睡眠時の異常言動、自律神経症状などがでてくる

認知症の主な症状

認知症の症状は「中核症状」と「行動、心理症状(BPSD)」に大別されます。


・中核症状

病気やケガなどによって脳の細胞が壊れた結果結果、その脳細胞が担当していた機能が失われ生じた症状。以下のような障害が見られる。

1.記憶障害
記憶が失われる

2.見当障害
時間や場所、季節などの感覚が低下する

3.理解判断力の障害
思考スピードが著しく遅くなったり、少しのことで混乱しやすくなる

4.実行機能障害
計画立てた行動ができなかったり、家電などが使えなくなったりする


・行動、心理症状

中核症状によって日常生活に困難が生じた場合、それに適応できないことで現れる症状。「家族が私のお金を盗んだ!」といった、もの盗られ妄想などの形で現れることがある

認知症の種類や症状についてご紹介しましたが、いずれの場合も次のような初期症状が見られる傾向があります。

・物忘れがひどい
・場所や時間がわからなくなる
・理解力、判断力が衰える
・人柄、性格が変化する
・不安感が強く、疑心暗鬼になりやすい
・意欲がなくなってしまう
・幻視を見たり、妄想を抱いている様子がうかがえる

家族や自身を考えこういったものに思い当たることがあった場合は、専門家に相談してみると良いでしょう。


認知症にかかりやすい人とは?



認知症の発症には生活習慣が大きく関係していると考えられますが、他にも性格や遺伝などが関わっているとも言われています。

認知症になりやすい生活習慣

1.肉食中心である
2.野菜嫌いで野菜をほとんど食べない
3.お酒をよく飲む
4.食事は満腹になるまで食べ続ける
5.間食が習慣になっている
6.運動する習慣がついていない
7.日光を浴びる時間が短い

認知症になりやすい性格

1.几帳面で生真面目
2.人見知り
3.気が短く怒りっぽい
4.常にネガティブな考えを持っている
5.自分のキャパシティを考えずに頑張り過ぎる
6.ストレスの解消が下手

認知症になりやすい人の健康面での特徴

1.太りすぎ、やせすぎである
2.糖尿病、もしくはその傾向がある
3.高血圧、もしくはその傾向がある
4,睡眠障害があったり、慢性的な寝不足状態にある
5.血液の粘度が高く固まりやすい
6.ストレスに弱い
7.運動の習慣がない
8.喫煙が習慣になっている


糖尿病や高血圧といった生活習慣病を持つ方や、慢性的に寝不足状態にある方などは、認知症の原因の一つとされるアミロイドβが過剰に増える傾向にあり、認知症になりやすいと言われています。

また、日本においては1980年代まで糖尿病や高脂血症といった生活習慣病と認知症の関係性が解明されておらず、脳血管障害から重い認知症を発症するケースが多く見られました。


現在では生活習慣病による健康リスクについて啓蒙が浸透しつつありますが、認知症に関してはまだまだ十分でない面もあります。

今回ご紹介した認知症になりやすい人の特徴を参考に、認知症の予防と対策に努めてみて下さい。


認知症を予防するためにできることとは?



認知症は食生活や生活習慣などが深く関係しています。そのため、毎日の食事や運動、生活リズムなどの見直しが重要になってきます。

とはいっても難しいことを行う必要はなく、野菜や魚介類の豊富な食事を心がけたり、血流や血管、血液の改善に効果的な有酸素運動を続ける、脳のトレーニングとして計算ドリルやクロスワード、麻雀やオセロなどを日々に取り入れるだけでも効果が期待できます。


認知症を予防するためのポイントをまとめてみましたので、参考にしてみて下さい

1.脳の血管を大切にする
動脈硬化の原因となる生活習慣病や肥満に注意する

2.食生活を改善する
緑黄色野菜や根菜類、魚などをバランス良く摂取する

3.お酒や煙草を控える
お酒も煙草も正しく用いればストレスの緩和に役立ちますが、吸い過ぎ・飲み過ぎは健康に悪影響を与えるので要注意です

4.運動を習慣に取り入れる
運動と言っても強度が強いものではなく、ウォーキングや散歩など、細く長く続けていける運動を日々に取り入れましょう。基本は歩くことです。

5.病気の予防や治療に努める
認知症は、動脈硬化から派生する脳血管疾患などが原因となり発症するケースが少なくありません。動脈硬化など認知症に繋がりかねない病気の予防や治療に心を配りましょう。

6.DHAやEPAを適切に摂取する
脳の血管障害によって血流が阻害されると、脳細胞が破壊され認知症が発症するリスクが跳ね上がります。


この血管障害を予防・改善する効果が期待できるのが、DHAやEPAという存在です。DHAやEPAに血液をサラサラにしたり、記憶力を向上させるといった効果があることは広く知られていますが、悪玉コレステロールを減らす、高血圧を改善する、血管を柔らかく保つなど、動脈硬化を防ぐという大きな作用も見られます。

また、アルツハイマー型の認知症の予防・改善においても注目されています。その理由として挙げられるのが、海馬に集中して存在するDHAの存在です。


海馬には元々多くのDHAが存在しますが、アルツハイマー病を発症した高齢者の脳を調べたところ「DHAの量が半分以下になっていた」という現象が多く見られるとされています。

海馬のDHA量が著しく減少すると、シナプス(神経細胞の特記)の材料が足りなくなり、脳の情報伝達が正常に行われずに記憶力や学習能力が低下してしまいます。


こういった事態を防ぐためにも、日頃から適度に青魚を食べる、サプリメントで不足分を補うなどして、DHAやEPAが体内にしっかりと蓄えられる状況を作り上げましょう。

認知症を予防する生活習慣とは?のまとめ

  • 認知症とは、脳が器質的な変化が起こし認知機能および記憶機能が低下した状態を指す
  • 認知症になりやすい生活や食生活、生活習慣などが存在する
  • 認知症予防には、生活習慣や食生活の見直しが有効
  • DHAやEPAには記憶力の向上、血流・血液の状態の改善といった作用があり、認知症予防効果が期待できる