メニュー

サラサラ血液に改善する食べ物と人気レシピをご紹介!

サラサラ血液に改善する食べ物と人気レシピをご紹介!



血液をサラサラにするために、食生活の見直しが重要だということは皆さんもご存じの通りです。

しかしどんな栄養素が有効なのか、どういった食材が改善に役立つのか、具体的なことについてはあまり知られていないというのが実情のようです。

そこで今回は、血液をサラサラにする栄養素や食材についてご説明していきたいと思います。


血液をサラサラにする栄養・成分って?



血液をサラサラにする食べ物などについては、テレビや雑誌でよく紹介されていますが、その食べ物の中のどのような栄養素や成分が血液改善に役立つのかについては、あまり説明がありませんよね。

そこで、血液をサラサラにする栄養素の中でも、特に毎日の食生活に取り入れやすいものをまとめてみましたので参考にしてみて下さい。


1.クエン酸
お酢や梅干しなどに豊富に含まれているクエン酸は、食欲増進や疲労回復効果で知られています。それに加え、ドロドロ血液の原因となる「血小板が集まって固まる」という作用を予防する効果も認められています。

2.DHA・EPA
魚、特にイワシや鯖、サンマなどに豊富に含まれているDHAやEPAも血液をサラサラにする働きがあります。また、DHA(ドコサヘキサエン酸)には、血管の弾力を向上させたり、血液中の赤血球の柔軟性を高める効果もあるとされています。

3.ナットウキナーゼ
納豆は混ぜれば混ぜるほどネバネバを増しますが、この粘り気はナットウキナーゼという酵素によるものです。この酵素には血栓を溶かす効果があることが分かっており、動脈硬化や心筋梗塞を改善・予防に有用だとされています。

4.アルギン酸
アルギン酸は、昆布やわかめなどのヌメヌメとしたぬめりの元になる食物繊維です。アルギン酸にはコレステロールの吸収を妨げながら、余分な分を体外に排出する作用があるため、血中コレステロール量を減少させる働きが期待できます。

5.ビタミンC、ビタミンE
ビタミンEとビタミンCは抗酸化力が強く、動脈硬化の予防に役立つとされています。ただし、ビタミンEは酸化しやすいため、単独で摂取するよりも酸化を抑制するビタミンBと一緒に摂るのが良いと言われています。

6.ポリフェノール類
赤ワインやココア、チョコレートなどに豊富に含まれているポリフェノールには、コレステロールの酸化を妨げる作用があり、血液の状態を正常に戻し、動脈硬化を予防してくれます。

よく玉ねぎは血液をサラサラにすると言いますが、これは玉ねぎに含まれているケルセチンというポリフェノールが、脂質類の吸収を妨げ、排出する作用があることによります。


血液をサラサラにする食材について



先に血液をサラサラにする栄養素や成分をご紹介しましたが、次にそれらが豊富に含まれている食材をご紹介しましょう。

1.青魚(イワシ、サバ、サンマなど)

青魚には血液をサラサラにする成分として有名なDHAやEPAが非常に多く含まれており、適切に摂取することで、血中コレステロールや中性脂肪を減少させることができます。

DHAやEPAを魚から効率よく摂取するには、刺身で食べるのが一番です。それというのもDHAやEPAは熱に弱く、焼き魚や煮魚にすると20%、揚げ物にすると50%程度減少してしまうからです。


とはいえ、焼き魚・煮魚程度の減少量であれば許容量ですので、毎日の食生活に青魚を取り入れ、サラサラ血液を目指したいところです。ちなみに、イワシやサバの缶詰にされた青魚であってもDHAやEPAの量は変わりませんので、上手に取り入れたいですね。

また、魚からだけでは血液を改善するために必要な量のDHA・EPAを摂取することが難しいため、サプリメントなどで補うことも念頭に置いておくとより良いでしょう。

2.くるみ

ナッツ類は栄養価が高く、血流改善効果があることで知られています。中でもクルミは必須脂肪酸と呼ばれるオメガ3脂肪酸(αリノレン酸)の量が豊富で、中性脂肪を下げる働きがあることで注目されています。

オメガ3脂肪酸(αリノレン酸)は、青魚に含まれているDHA・EPAと同じく、血液の状態や血流を改善するため動脈硬化などの予防効果がありますので、食事に積極的に取り入れたい食材のひとつです。

最近、くるみは美容面でも注目されていて、体型維持が必須のモデルの方もくるみを美容食として継続して食べ続けていると言われています。とはいえ、クルミは高カロリーの食材に違いはありませんので、食べ過ぎには気をつけましょう。

3.たまねぎ

たまねぎは血液サラサラ効果のある野菜の代表格として有名ですね。

たまねぎの皮のの部分に多く含まれるケラチンは、体内の脂肪を排出し、脂肪の吸収を抑える働きがあります。血中のコレステロールや中性脂肪を下げる効果もあるので、毎日の献立に上手に取り入れたいですね。

たまねぎは1年中安定した価格で市場に出回っていますし、どこでも簡単に手に入るのも嬉しいところです。

4.大豆製品(納豆など)

日本人の食卓に欠かせない納豆や豆腐などの大豆製品は、体に良いことで知られています。

当然血液をサラサラにする作用もあり、大豆に含まれている大豆サポニンには中性脂肪を減少させ、善玉コレステロールを増加させる働きがあります。大豆は食物繊維も豊富なところも魅力ですね。

また、納豆には血栓を溶かしてくれるナットウキナーゼが含まれているため、血液をサラサラにする効果はピカイチです。

5.海藻類(わかめなど)

大豆製品同様、わかめなどの海藻類も日本人の食卓にはなじみ深いものです。このわかめなどの海藻類も水溶性食物繊維やミネラルが豊富なため、中性脂肪を減少させたり、糖質の吸収を抑制するなどの効果が認められます。


血液をサラサラにする代表的な食材をご紹介しましたが、いかがでしたか?

他にも、血液改善に効果的な食品を覚える語呂合わせに「オサカナスキヤネ」というものがあります。これは、血液をサラサラにする効果のある8種類の食品の頭文字を合わせたものです。覚えておくと便利だと思いますよ。

オ…お茶
サ…魚
カ…海藻
ナ…納豆
ス…酢
キ…キノコ類
ヤ…野菜
ネ…ネギ


血液サラサラにする人気レシピ



血液をサラサラにする栄養素や食材が分かっても、毎日の食生活に取り入れられないと本末転倒ですよね。

そこで、日々の食生活に無理なく取り入れられる簡単レシピをご紹介していきましょう。

ポン酢とごま油の簡単サラダ

■材料(2人分)
・ブロッコリー 1房
・玉ねぎ 1/2個
・ポン酢 大さじ1
・塩 小さじ1
・ごま油 大さじ1
・すりごま 大さじ1

■作り方
1.玉ねぎをスライスして塩をまぶし、15分置いた後に洗って絞る
2.ブロッコリーをゆでて小房に分ける
3.野菜をボウルに入れ、調味料とすりごまを加えて和える

野菜は血液サラサラ成分の豊富な玉ねぎは必須ですが、他の野菜はなんでもOKです。

玉ねぎのスープ

■材料(2~3人分)
・玉ねぎ 1個
・水 700cc
・コンソメ 大さじ1
・塩・胡椒 小さじ半分
・オリーブオイル 大さじ1
・乾燥パセリ 適量

■作り方
1.玉ねぎを薄くスライスする
2.玉ねぎをオリーブオイルで焦がさないよう炒める
3.玉ねぎが飴色になった時点で水を入れて強火で煮る
4.沸騰後に弱火にし、コンソメを加える
5.塩・胡椒で味を調え、器に盛ってからパセリをふる

10分程度でできるシンプルなスープなので、毎日の献立に取り入れやすいのが良いですね。

豆腐ステーキ

■材料(2人分)
・木綿豆腐 2/3丁
・ニラ 50g
・エノキ 60g
・サラダ油 小さじ2
・削り節 適宜

(たれ)
・醤油 小さじ1と1/2
・酒 小さじ1
・片栗粉 小さじ1/2

■作り方
1,豆腐を1cmの厚さに切る
2.ザルにペーパータオルを敷き豆腐をのせて水気を切る
3.ニラを3cm程度に切り、エノキを2~3つに切り分ける
4.フライパンに油を引き、豆腐を両面がこんがり色づくまで焼く
5.豆腐が中心まで温まったら器に盛る
6.フライパンでニラとエノキを炒め、たれとなる調味料を加える
7.たれにとろみがついたら豆腐にかけ、削り節を散らす


フライパン一つでできる簡単豆腐ステーキです。たれになる調味料を先に混ぜておくと手間が省けてなおGOODです。

サラサラ血液に改善する食べ物と人気レシピのまとめ

  • 血液をサラサラにするには食生活の改善が不可欠
  • 血液をサラサラにする食材の覚え方は「オサカナスキヤネ」
  • DHA・EPAサプリを利用してオメガ3脂肪酸を摂取!